ドッグフード一覧

【違いは?】モグワンとPELTHIA(ペルシア)のドッグフードを5項目で比較!

人気のドッグフードである「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」を5つの項目で比較してみました。

両者の特徴を簡単に説明すると、モグワンは主原料にチキン&サーモンが使われているヘルシーフードとなっています。

一方、ペルシアは4種類のメニューから選んで味変ローテができるドッグフードとなっています。

今回は、ドッグフードを購入する際に基本となる「1.特徴」「2.料金」「3.原材料」「4.保証成分」「5.評判」を徹底比較しています。両者の良いところも悪いところも包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

この記事内容は個人の感想です。ワンちゃんによっては合わない可能性もありますので、あくまで購入を検討する際の参考にして下さい。

「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを5つの項目で比較しました!

1.特徴 フードタイプ、対応年齢、原産国、賞味期限などで比較。
2.料金 1袋の料金、内容量、100gあたりの料金、配送料などの料金で比較。
3.原材料 主原料、グレインフリー、無添加、動物性原料の割合などで比較。
4.保証成分 粗タンパク質、脂質、粗繊維、粗灰分、水分などで比較。
5.評判 涙やけ、うんち、食いつきなどを評判で比較。

上記の5つの項目で、モグワンとPELTHIA(ペルシア)のドッグフードを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを特徴で比較!

モグワン ペルシア
フードタイプ ドライフード ドライフード
対応犬種 全犬種 全犬種
対応年齢 全年齢 生後6ヶ月~
原産国 イギリス 日本
賞味期限
(開封前)
約13ヶ月 9ヶ月
賞味期限
(開封後)
約3ヶ月 約1ヶ月
ヒューマングレード
粒のサイズ 約10mm 直径6mm、長さ5~15mm
粒の形状 ドーナツ型 円柱型

ここでは、「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを特徴で比較してみます。

まず、対応年齢に違いがあり、モグワンは全年齢に対応しているのに対し、ペルシアでは生後6ヶ月~となっています。なので、生後6ヶ月未満の子に与えたい場合にはモグワンドッグフードがおすすめと言えます。

次に、原産国にも違いがあります。モグワンはイギリス産なので、日本産にこだわりたい人にはペルシアがおすすめと言えるでしょう。

また、賞味期限はモグワンドッグフードの方が開封前も開封後も長くなっています。なので、長く保存が効く方が良いなら、モグワンドッグフードを検討する方が良いかもしれませんね。

2.「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを料金で比較!

※税込価格 モグワン ペルシア
内容量 1.8kg 850g
1袋の料金 4,708円 2,990円
100gの料金 約262円 約352円
配送料 704円 770円
※4袋以上なら無料
100gの料金
(配送料込)
約301円 約443円

続いて、「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを料金面で比較してみます。

1袋あたりの内容量に違いがあるので、100gあたりの料金で比較すると、モグワンドッグフードの方がコスパが良いという結果でした。なので、コスパ重視で選ぶならモグワンドッグフードがおすすめです。

3.「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを原材料で比較!

モグワン ペルシア
主原料 チキン&サーモン オールミックス:牛肉
ライト:牛肉
ビーフ:牛肉
チキン:鶏肉
グレインフリー ×
無添加配慮
動物性原料の割合 56.5% 非公開

続いて、「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを原材料で比較してみます。

まず、ペルシアドッグフードには、「オールミックス」「ライト」「ビーフ」「チキン」の4種類のメニューバリエーションがあります。

なので、餌の味に飽きやすい子にはバリエーションが豊富なペルシアドッグフードの方がおすすめです。

一方で、モグワンドッグフードはグレインフリー(穀物不使用)でできています。なので、グルテンアレルギー等がある場合にはモグワンドッグフードがおすすめです。

モグワンの原材料(クリックで表示)

チキン&サーモン56.5%(放し飼いチキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7.5%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類A、D3、E)、乳酸菌

※コンドロイチンはサメ由来のものではございません

ペルシアの原材料(クリックで表示)
オールミックス 生肉(牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、いも類(サツマイモ、ジャガイモ)、煎りゴマ、ひまわり油、乳清タンパク、クコの実、海藻粉末、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群
ライト 生肉(牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、いも類(サツマイモ、ジャガイモ)、煎りゴマ、ひまわり油、乳清タンパク、クコの実、海藻粉末、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群
ビーフ 生肉(牛肉、魚肉、牛レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、ヤシ粉末、いも類(サツマイモ、ジャガイモ)、煎りゴマ、ひまわり油、乳清タンパク、クコの実、海藻粉末、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群
チキン 生肉(鶏肉、魚肉、鶏レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、ヤシ粉末、いも類(サツマイモ、ジャガイモ)、煎りゴマ、ひまわり油、乳清タンパク、クコの実、海藻粉末、卵殻カルシウム、脱脂粉乳、フラクトオリゴ糖、乳酸菌群

4.「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを保証成分で比較!

モグワン ペルシア
粗タンパク質 27%以上 23~28%以上
脂質 10%以上 5~10%以上
粗繊維 4.75%以下 4~6%以下
粗灰分 9.5%以下 7%以下
水分 9%以下 10%以下
100gあたりのカロリー 361.5kcal 325~360kcal

※4メニューの数値幅を記載

続いて、「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを保証成分で比較してみます。

結論から言うと、モグワンとペルシアの3メニュー(オールミックス・ビーフ・チキン)には保証成分の数値に大きな差はないので、どちらを選んでも変わらないと言えるでしょう。

ただし、ペルシアドッグフードの「ライト」のメニューだけは数値が多少異なります。具体的には、「粗タンパク質」「脂質」「カロリー」の数値が低く、「粗繊維」の数値が高くなっています。

ペルシアのメニュー別成分値
オールミックス ライト ビーフ チキン
粗タンパク質 28%以上 23%以上 28%以上 28%以上
脂質 10%以上 5%以上 10%以上 10%以上
粗繊維 4%以下 6%以下 4%以下 4%以下
粗灰分 7%以下 7%以下 7%以下 7%以下
水分 10%以下 10%以下 10%以下 10%以下
100gあたりのカロリー 360kcal 325kcal 360kcal 360kcal

なので、ペルシアドッグフードの「ライト」は、肥満気味な子や去勢後の増量が気になる子など、ダイエットに配慮したい場合におすすめと言えますね。

5.「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを評判で比較!

モグワン ペルシア
涙やけ
うんち
食いつき

続いて、「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」のドッグフードを利用者の評判で比較してみます。

今回は利用者の口コミで特に多い「涙やけ」「うんち」「食いつき」に関する評判で比較してみました。

モグワンドッグフードの評判には「涙やけが少しずつ治まっているように感じる」「愛犬のお腹の調子が良い気がする」「食いつきが良い」といった意見がありました。

一方で、PELTHIA(ペルシア)ドッグフードの評判には、「涙やけが改善されてきて嬉しい」「うんちの状態がとっても良くなった」「ほんとに食いつきがすごくいい」などの声が見られました。

なので、どちらもワンちゃんの健康に良い&食いつきも良いドッグフードと言えそうですね。

参考までに下記に利用者の評判も載せておきますので、もし興味がありましたらこちらもご覧下さい。

モグワンの評判(クリックで表示)

これまで様々なフードを試してきましたが、モグワンの食いつきは1番良かったです。白い毛色のため涙やけが気になっていましたが、モグワンにかえてからは少しづつ治まっているように感じます。
お犬様も毎日おいしそうに食べていて、飼い主も嬉しい限り、満足です。

出典:Amazon

ペルシアの評判(クリックで表示)

いつものご飯はペルシアを続けて食べてます。
気になってた涙やけも改善されてきて嬉しいです

出典:公式サイト

「モグワン」ドッグフードがおすすめの方はこんな人!

こんな人におすすめ
  • コスパを重視したい人
  • 賞味期限が長い方が良い人
  • グレインフリーのご飯を選びたい人

モグワンは、コスパではPELTHIA(ペルシア)よりも優れていたので、コスパを重視したい場合にはモグワンの方がおすすめと言えます。

また、賞味期限もモグワンドッグフードの方が長かったので、賞味期限が長い方が良い人にも向いていると言えるでしょう。

さらに、モグワンドッグフードはグレインフリー(穀物不使用)で作られているので、愛犬が穀物アレルギーをお持ちの場合にもおすすめです。

\定期コースなら最大20%OFF/

モグワンの公式サイトはこちら

「PELTHIA(ペルシア)」ドッグフードがおすすめの方はこんな人!

こんな人におすすめ
  • 国産にこだわりたい人
  • メニューの種類が多い方が良い人
  • 愛犬の体重が気になる人

PELTHIA(ペルシア)ドッグフードは日本国内で製造されているので、国産にこだわりたい人には特におすすめです。

また、メニューのバリエーションが4種類もあるので、ドッグフードの味に飽きやすいワンちゃんを飼われている人にも向いています。

さらに、ペルシアドッグフードの「ライト」メニューなら、他のメニューよりもカロリーが10%抑えられています。なので、愛犬の体重が気になる人にはこちらがおすすめです。

\お試しセットもあります!/

ペルシアの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のドッグフード「モグワン」と「PELTHIA(ペルシア)」の違いを5つご紹介してきました。

モグワンとPELTHIA(ペルシア)のドッグフードは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「モグワン」と「PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「【違いは?】モグワンとペトコトフーズのドッグフードを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。